横浜銀行カードローンの審査を評価!在籍確認から借り換え・おまとめまで徹底的に紹介します!

横浜銀行カードローンのメリット・デメリット

《横浜銀行カードローンのメリット》

・銀行カードローントップレベル金利! 年1.5~14.6%
・来店不要で申し込み可。最短なら翌日融資も!
・専業主婦も配偶者に安定した収入があれば借り入れ可能
・月々の返済は2,000円から♪
・横浜銀行、セブン銀行、Enet、ローソン銀行、イオン銀行のATMなら手数料無料で利用可能♪
※ただし、イオン銀行のATMは返済できない

《横浜銀行カードローンのデメリット》

・学生は借りられない
・スペックは高いが、申し込みできる地域が限定されている


[横浜銀行カードローン公式ページ]
https://www.boy.co.jp

横浜銀行カードローンの目次へ

横浜銀行カードローンの口コミ評判

横浜銀行カードローンの金利は年1.5%~14.6%で銀行カードローンの中でも低く、さらにインターネット申し込みなら最短で翌日の融資も可能ということで評判です。
借り入れ限度額も10万円~1,000万円と幅が大きいので、増額や借り換え・おまとめしてローンを一本化してしまいたい方にもおすすめです。

そんな横浜銀行カードローンの審査や増額の解説の前に、利用した人の口コミをチェックしておきましょう。

口コミ医療費に充てるお金を横浜銀行で借りました。
銀行より低金利で即日融資もできるというJ.Score(ジェイスコア)もいいなと思いましたが、1分1秒を争う!というほど急いではいなかったし、今回は慣れ親しんだ地元の銀行を選んだという感じです。
書類提出や手続きを急かされる感じはなかったし、比較的ていねいな対応だったので評価高めです。
10万円借り、返済は2000円からと少なめだったので家計の負担も抑えられて助かりました。
返済額が少ないと支払う期間は伸びますけど、生活が圧迫されることはないので毎月の負担を抑えたい人には向いてると思います。【20代後半・パート主婦】
口コミ40万円の借入で、セブンのATMからちょこちょこ返し、半年くらいで完済した。
金利は14%くらいだったかで、消費者金融よりはお得に借りられた印象です。
自分の場合は収入証明書も不要だった。
銀行のカードローンなので審査は少し厳しい感じもするが、年収が300に届かない自分でも審査に通って40万円借りられたのは満足です。
評価としては星4くらい。【30代後半・会社員】

このほか、公式サイトでも以下のように大々的にアピールされている「ATM手数料無料」という点が多数の支持を集めていた印象です。
何度も借りたり返したりできるのがカードローンのメリットですから、地味に大きなポイントだと思います。
横浜銀行カードローンのATM手数料
詳細は横浜銀行カードローンの公式サイトで確認してください。

横浜銀行カードローンの目次へ

横浜銀行カードローンの審査は甘いの?

率直に言えば、横浜銀行カードローンの審査は決して甘いものではありません。
そもそも、横浜銀行カードローンに限らず銀行のカードローンは審査を厳しく行います。
利用者からお金を預かって運営していますから、当然と言えば当然ですね。

ですが、厳しいといってもちゃんと事前に対策をしておけば審査の通過の見込みはありますので安心してください。

対策をするには利用条件を知る必要があるので、横浜銀行カードローンの審査内容をリサーチしてみました。

横浜銀行カードローンの利用条件

■契約時満20歳以上~69歳以下
■安定した収入がある方、またはその配偶者
■アルバイト、パート、派遣、自営業、専業主婦、年金受給者も借り入れ可能
学生の利用は不可
■次の地域に居住している、または勤め先がある方
【神奈川県全域、東京全域、群馬県の前橋市、桐生市、高崎市】
■保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方

上記の通り、横浜銀行カードローンの利用条件は特別厳しいということでもありません。
ただし、一般的な消費者金融のカードローン審査と比べれば、金利の低い横浜銀行カードローンのほうは、多少の厳しさが想定されるでしょう。
横浜銀行カードローンが他の一般金融と比べて実際どうなのか気になっている方もいるかと思います。
そこで、人気のカードローンと横浜銀行を比較して表をまとめました。
【人気のカードローン職業別借り入れ表】

カードローン名正社員パート
アルバイト
学生専業主婦
プロミス×
SMBCモビット×
三菱UFJ銀行カードローン
『バンクイック』
×
三井住友銀行カードローン
イオン銀行カードローン×

【横浜銀行カードローンの職業別借り入れ表】

カードローン名正社員パート
アルバイト
学生専業主婦
横浜銀行カードローン×

こうして見ると、銀行によって借り入れできる職業とできない職業がはっきり分かれていることが分かります。
横浜銀行では学生の方の利用ができない決まりになっていますので、学生の方で利用したい方は、学生利用が可能な銀行を検討しましょう。

または、幅広くご利用が可能な三井住友銀行カードローンや、三菱UFJ銀行カードローンの『バンクイック』を視野に検討するのもいい方法と言えます。

横浜銀行カードローンの目次へ

横浜銀行カードローンの審査時間

横浜銀行カードローンの審査時間について

横浜銀行カードローンの審査を受ける際に、中でも気になるのは審査時間です。
高額融資ができるカードローンを使えるのは嬉しいですが、すぐに利用したいのに審査時間が長かったのでは、安心して申込みをすることができませんよね。

カードローンを選ぶにあたって、その金融機関の審査時間について、注目しておくことも大切になっていきます。
横浜銀⾏カードローンは電話・FAX・ネット申込であれば最短で翌日融資が可能です。

24時間365日いつでも申し込みが可能なので急いでる方でも安心して利用ができるようになっています。

横浜銀行カードローンの目次へ

横浜銀行カードローンの在籍確認

横浜銀行の在籍確認の方法について

在籍確認というのは、申込者の返済能力を見るために、申込者の勤務先などに電話連絡をして、実際に勤めているか確認することを言います。

横浜銀行カードローンの在籍確認の方法は、他の会社と同じように申込者が勤めている職場への電話連絡になります。

職場に銀行から電話連絡が来ることで、他の人に知られるか不安になる方もいるかと思います。
横浜銀行カードローンの場合、勤務先へ電話連絡をする際は、会社名や在籍確認であることを基本的には伏せてくれるので会社の人にバレてしまうという心配はありません。

しかしながら、絶対に仕事場にキャッシングをすることがバレたくないという方は、書類で在籍確認を行ってくれるモビットのような会社の利用をおすすめします。

横浜銀行カードローンの目次へ

横浜銀行カードローンの増額

横浜銀行カードローンの増額について

すでに横浜銀行カードローンを利用している方の中には、利用限度額の増額を検討している方もいるかも知れません。

限度額を増額すると、より多くのお金を借りられるようになるだけでなく、金利が下がる可能性も。
横浜銀行カードローンの最高限度額は1,000万円なので、高額融資を受けたいという方にもオススメです。

増額にあたっては改めて審査(増額審査)を受けることになります。
この時の審査は、初回の申し込みの時の審査とは多少異なるという認識を持ってください。

まず、ネットからの申請はできず、電話での申し込みになっています。
増額の際は横浜銀行のカードローン受付センターに電話連絡が必要で、受付時間も決まっているので注意が必要です。

横浜銀行からすれば、限度額を増額するということは、より多くのお金を融資するということ。
増額しても問題なく返済してくれると見込めるだけの利用実績や信用があるか、入念にチェックされることになるでしょう。

横浜銀行カードローンの増額審査に通過する自信がないという方は、新しい借入先を探して申し込みをする、という方法も視野に入れながら、慎重に判断しましょう。

少なくとも、

・半年以内にローンカード発行したばかり
・半年以内に返済遅れがある

以上に該当してしまっている人は、まだ増額は早いと言えるでしょう。

利用状況が大して良くないにもかかわらず、むやみに増額申請してしまうと、逆に減額利用停止になることもあります。
早まった増額申請はしないよう、慎重に検討するようにしたいところです。

なお横浜銀行カードローンでは、継続して正しく利用していると、増額案内が届くことがあります。
その場合も増額審査そのものは行われますが、横浜銀行が利用状況を加味して増額案内を送ってきているぶん、実現の可能性は高まっていると考えられます。

増額の緊急性が高くないなら、増額案内がくるまでタイミングをうかがうというのもアリかもしれないですね。

横浜銀行カードローンの目次へ

横浜銀行カードローンで借り換え・おまとめ

横浜銀行カードローンを利用してのおまとめ・借り換え

横浜銀行カードローンをおまとめ・借り換え先として利用する方もいます。
結論から言えば、横浜銀行カードローンの金利は 年1.5%~14.6%とかなり低いので、借金を一本化すると利息負担も減り、返済日も一日にまとまるのでメリットが多いです。

また、横浜銀行カードローンは借り入れ最高限度額も1,000万円と大きいため、高額のおまとめ・借り換えを望む方にとっては、よりお得な一本化が期待できます。

さらに、横浜銀行カードローンは借り入れ・返済時のATM手数料が無料です。
その対象となるのは横浜銀行、セブン銀行、Enet、ローソン銀行、イオン銀行のATM。(イオン銀行のATMでは返済はできません)

いま利用中のカードローンの手数料が気になる人は、横浜銀行カードローンへの借り換えを検討してみてもよいかもしれませんね。

[横浜銀行カードローン公式ページ]
https://www.boy.co.jp

堅実な返済にはフリーローンという選択肢も!
関連記事:横浜銀行 フリーローン
車の購入を考えている人には車専用のローン!
関連記事:横浜銀行 マイカーローン

横浜銀行カードローンの目次へ

【アコム】
自動契約機(むじんくん):8:00~22:00
※年中無休(年末年始は除く)
※営業時間は一部異なる場合あり
【J.Score(ジェイスコア)】
※貸付利率(実質年率)0.8%が適用されるのは、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、Yahoo!Japanとの情報連携を行った場合のみです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です