ソニー銀行カードローンの審査は厳しい?審査基準を徹底解説

ネットバンクのソニー銀行は、

年2.5%~13.8%の低金利
・ネットから24時間いつでも申し込み可能
・返済は月々2000円から

という使い勝手の良いカードローンを提供しています。

そんなソニー銀行のカードローンにこれから申し込みをしようと思っている人が一番気になるのは「審査の厳しさ」「審査基準」ではないでしょうか。

こちらでは、ソニー銀行カードローンの審査の難易度だけでなく、審査に通るために抑えておくべきポイントをまとめて解説していきます。

ソニー銀行カードローンの利用までの流れを確認

ソニー銀行
銀行系カードローンでは、申し込み先の銀行口座を持っていない場合、カードローンの申し込みと並行して口座開設を行う必要がある銀行が多いです。
これは、借りるお金の振込先となる口座を用意するためですが、口座開設となると、どうしても時間や手間がかかってしまいます。

カードローンの利用を思い立った時は、急を要することが多いでしょうから、口座開設も並行して行わなければならないというのは、ちょっとわずらわしいですよね。

でもソニー銀行カードローンでは、そんな面倒を回避できる初回振込サービスを利用することができます。(30万円以内の借入に限る)

これを利用すれば、初回に借りるお金はソニー銀行の口座である必要はないので、すでに持っている他の口座に、先にお金を振り込んでもらうことができるのです。

しかも、その際の振込手数料は無料!
ソニー銀行の口座開設が完了する前に、早く、損もなく、お金を用意することができるというわけですね。

金利が低いだけでなく、初回利用者への配慮がなされたソニー銀行カードローン。
その申し込みから利用までの流れを見ていくことにしましょう。

【ソニー銀行カードローン利用までの流れ】

ソニー銀行はネットバンクですから、スマートフォンやパソコンから必要事項を入力してカードローンの申し込みをします。
次は
最初に行われるのは仮審査であり、名前・住所・生年月日といった個人に関する情報・年収や他社借り入れ・住宅ローンなどお金に関する情報などから、本審査に進むことができるかどうかを一旦判断します。
次は
仮審査の結果がメールによって通知され、通過できれば本審査に進むことができます。
初回振込サービスを利用したい場合は、このメールの案内にしたがって初回の借り入れの振込先口座・振込金額を登録してください。
その後、在籍確認・本人確認の電話がかかってきます。
次は
ソニー銀行宛に必要書類を郵送またはFAXで送ります。

必要書類

「運転免許証や健康保険証」といった本人確認書資料が必ず要ります。
それに加えて、初回振込サービス利用の場合は「振込ご指定口座の通帳かカードの裏面のコピー」、50万円以上の融資を希望する場合には「確定申告書・納税証明書」などの年収確認資料の提出が必要です。

これらの書類を元に本審査が行われることになります。

次は
ソニー銀行カードローンの本審査の結果も、仮審査の際と同様にメールで連絡が来ます。
審査を無事に通過できた場合には、ネット振込という形ですぐにお金を借りることができるようになります。
専用のカードについては、メールを受け取ったあと7日~10日ほどで自宅に本人限定郵便で送られてきます。

ソニー銀行カードローンの審査時間は?

ソニー銀行カードローンの審査時間
ソニー銀行は、銀行のなかでも審査がスピーディーです。
仮審査の結果が出るまでに2~3日かかる銀行カードローンが多いなか、ソニー銀行カードローンの仮審査は最短即日回答を可能としています。

さらに、インターネットからの申し込み後、本審査の結果を受けて契約手続きまで行う場合も、最短で翌営業日にはすべて完了させることができます。(必要書類をFAXで提出した場合)

これらは「最短」ですから、混雑せず不備もなくスムーズに審査が行われた場合に限ります。
一般的には、2~3営業日かかる場合が多いと思っておきましょう。

以前はさらに早かったようですが、2018年以降はすべての銀行系カードローンの審査において、一度警察のデータベースとの照会を行わなければならなくなりました。
即日融資を行っている消費者金融と比べると長いように思えますが、他の銀行と比較すれば翌営業日という日数は決して長いものではなく、むしろ審査も融資までの手続きも早いと言えるでしょう。

ソニー銀行カードローンの目次に戻る

ソニー銀行カードローンの審査は甘い?厳しい?

審査難易度
ソニー銀行カードローンの審査が甘いか厳しいかを知りたい人は多いのではないでしょうか。

これについては、それなりに厳しい審査が行われると思っておいたほうが良いでしょう。

最近、総量規制の干渉を受けない銀行のカードローンで、借りすぎによる返済トラブルが多発していました。
法的な規制はなかったものの、対策として、国からお金を貸し過ぎないようにという指示が出され、すべての銀行が『返済能力をしっかりと見極めてからお金を貸す』という動きを見せています。
近年、すべての銀行のカードローンの審査が、従来よりも厳しくなっていると言えるでしょう。

実際のところ、ソニー銀行をはじめとしてカードローンを取り扱う金融機関では審査の基準を明確に公示していません。
そのため、どこの金融機関の審査が緩く、どこの金融機関の審査が厳しいのかについてはっきりとした答えを出すことは出来ないのが現状です。

とはいえ、カードローンの代表格といえる消費者金融と比べると、銀行系のカードローンは金利が低い分、審査基準も厳しいとされています。
この流れから考えると、銀行系カードローンの中でも低金利に該当するソニー銀行のカードローンの審査は厳しいのではないかと推測されます。

ソニー銀行カードローンの保証会社は消費者金融アコム

保証会社はアコム
また、審査を行うなかで大切なポイントである「保証会社」ですが、ソニー銀行の保証会社はあの有名な「アコム株式会社」です。

アコムがソニー銀行カードローンの保証会社になるということはつまり、ソニー銀行が貸し出しを行っているお客さんの返済が滞った場合、アコムが負債を引き受け、その後お客さんとやりとりをして借金を回収していくということ。
そのため、ソニー銀行の審査の前に、保証会社であるアコムの審査も通過する必要があります。

アコムは最大手の消費者金融として有名で、利用者もたくさんいるため、「消費者金融だから審査は甘いのでは?」という意見があります。
しかし一方で「歴史が長いアコムならではの情報網があるため、過去に金融関係で事故を起こしているとバレて審査に通らない」という意見もあります。

結局のところ、アコムやソニー銀行がどのような情報網を駆使して申し込み者の信頼度を審査しているかはわかりません。
ただ、2者の両方から信用されないと審査に通過できないのは間違いないので、甘い審査ではないことは理解しておきましょう。

ソニー銀行カードローンの目次に戻る

ソニー銀行カードローンの審査基準は?どこを見られる?

ソニー銀行カードローンの公式情報によると、利用資格があるのは以下の条件を満たす人となっています。

(1)ソニー銀行に円普通預金口座がある
(同時申し込み可能)
(2)申し込み時の年齢が満20歳以上65歳未満
(3)原則、安定した収入がある
(4)日本国籍、もしくは、永住権を有した外国籍
(5)保証会社の保証を受けられる

これらをすべて満たしていないと利用はできないので、自分の状況と照らし合わせてみましょう。

(5)の保証を受けるための審査が、冒頭で言及した「仮審査」です。
ソニー銀行カードローンの審査に関して、収入はいくら以上・信用情報はここまではセーフといった明確な基準はわかりません。
これはどこの金融機関の審査においても同じです。

ですが、審査においてどこを重点的に見ているのか・それはなんの為なのかということは推測することができます。
金融機関のローン審査において重要視される点をしっかりと頭に入れておきましょう。

審査基準3本柱
【収入状況】

会社の規模や年収の金額・勤続年数などから、現在の収入状況だけでなく、長期的な安定した収入が見込めるかどうかを判断しています。いくら現段階の年収が良くても、勤続年数が短いと、離職・収入がなくなるという可能性を疑われます。また、勤務している会社の安定性も見られていますので、水商売や自営業・起業して間もないベンチャー企業などに勤めている場合、安定性に欠けていると判断されてしまう可能性もあるでしょう。そのため、他の項目で挽回していく必要が出てきます。
【返済能力】

借りたお金をしっかりと継続的に返済していく力があるかどうかを見られます。融資を受ける人の中で、数か月で完済する人というのは少なく、大半が最初の借り入れから完済までの間に複数回の追加借り入れを行うのが一般的でしょう。そのため、トータルで完済するまでには年単位での時間がかかることが多いのです。そのため、『継続的に返済する能力』は貸す側にとって非常に重要なポイントとなってくるのです。
ソニー銀行のカードローンに申し込みをした時点で、複数の金融機関からお金を借りている人は「返済能力なし」と判断される可能性があるでしょう。1つの金融機関への返済に困り別の金融機関からお金を借りるといった自転車操業のようなことをしている可能性が疑われてしまうからです。しっかりと1か所を完済しないうちに更にお金に困ってしまう、お金の管理がしっかりできていない人と思われることもあるでしょう。
いずれにしても、返済能力を見ていく上で複数社からの借り入れというのは印象が良くありません。
【信用情報】

申し込みをした人を、信用してお金を貸しても大丈夫かどうかの判断を行います。まずは信用情報機関への照会を行い、過去の金融事故・直近の他社での借り入れ・返済遅延の有無などをチェックしていきます。過去に大きな金融事故を起こしている場合や、高額の借り入れをしている場合・返済が遅れたり滞ったりしている場合などには信用できないと判断されて審査を通過することが難しくなるでしょう。
また、この照会では他の金融機関への申し込み状況・審査落ちをした場合はその情報も見ることができるのです。同じ時期にいくつもの金融機関に申し込みをして審査落ちを繰り返しているという履歴が残っていると「こんなにお金に困っている人にお金を貸して、本当に返済してくれるのか?」と疑われてしまい審査に落ちやすくなってしまいます。

ソニー銀行カードローンの目次に戻る

ソニー銀行カードローンの審査に通るコツ

審査に通るコツ2つ
上記で紹介した「審査で念入りにチェックされる3本柱」について頭に入れた上で、さらに「審査を有利に進めていくためのコツ」を2つ、おさえておきましょう。

1.最初は少額から、収入状況に見合った金額の融資を希望する

総量規制が適用される消費者金融では、年収の3分の1以上のお金を借りることができません。
年収が300万円の人が借りることができるのは、最高で100万円までということになります。
一方で、ソニー銀行など銀行系のカードローンにはこの総量規制は適用されません。
そのため、同じ年収が300万円の人でも、100万円以上の借り入れ希望を出すことができます。

専業主婦のような、自分名義での収入がない人は、総量規制が適用される消費者金融では借りられませんが、銀行系カードローンなら借りられる可能性があるというのも特徴です。

しかし、総量規制を受けないからといって、自分の年収に見合っていないあまりにも高額の希望を出すのはNGです。
大幅な減額をされるか、最悪の場合は審査落ちのきっかけとなってしまうこともあるでしょう。
申し込みの際の希望金額は、年収の3分の1以下に留めておくのが一般的です。
確実に審査に通りたい場合には、そこから更に引き下げておくと良いでしょう。
専業主婦など自身の収入がない場合には、最高でも30万円程度の希望に抑えておくことをおすすめします。

2.必要書類をもう一度しっかり確認しておく

提出する書類は、すべて現在の住所・直近の内容であることが原則となります。
よくあるミスとしては、免許証の住所を変更していなかった、年収確認資料が直近のものではなかったという間違いです。
後者であれば、正しいものを出し直してくださいと対応されることもありますが、前者の場合は住所不一致で審査落ちとなってしまうこともあります。
申し込みをした現在の氏名・住所になっていることをしっかりと確認してから提出して下さい。

ソニー銀行カードローンの目次に戻る

まとめ
ソニー銀行カードローンの審査について、理解は深まったでしょうか?
消費者金融と比べて金利が低いことで人気の銀行系カードローン。
その中でもさらに低金利なのが魅力のソニー銀行のカードローンは、お得にお金を借りたいという人から強い支持を集めています。
申し込みをする際には、ここまでに紹介したポイントを確実に抑え、審査に備えてくださいね。

※株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更されました
※アコムの無人契約機むじんくんは年中無休ですが、年末年始期間は除きます
【むじんくんの年末年始営業時間】
12/31(日)8時00分~18時00分まで
01/01(月)休業
※アコムは12/31の18時以降、1/1についてはインターネットでの申込は可能ですが審査回答や契約の手続きは1/2以降となります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です