三井住友銀行カードローンの審査のコツは?在籍確認や増額なども解説

三井住友銀行カードローンとは

三井住友銀行のロゴ
三井住友銀行カードローンとは、三井住友銀行が提供する銀行カードローンです。

限度額は10万から最大800万円まで。
金利が年4.0%~14.5%と他の消費者金融と比べて低めだったり、月々の返済額が2000円(借入金額が10万円以下の場合)から可能だったりと、利便性の高いカードローンになっています。

また、具体的な返済のシュミレーションや電話での相談(通話料無料)もできるので、初心者でも安心して利用しやすいです。

では、そんな三井住友銀行カードローンの特徴を詳しく見ていきましょう。

低金利

冒頭でも言ったとおり、三井住友銀行カードローンの金利は年4.0%~14.5%。
銀行系カードローンの中では平均的ですが、消費者金融系のカードローンと比べると金利は低く設定されています。

それでは、他の銀行カードローンの金利はどれくらいなのか見てみましょう。
日本3大メガバンクである三井住友銀行三菱UFJ銀行みずほ銀行のカードローンの金利を表にして比較してみました。

【3大メガバンクのカードローンの金利】(2019年10月時点)

三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行カードローン 年1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%


 
表の数字を見てみると、三井住友銀行カードローンの金利はみずほ銀行カードローンより高く、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」(以降バンクイックと表記)より低くなっています。

続いて、テレビCMでもよく見かけ、利用者を呼び込もうとする姿勢が前向きと思われる三井住友銀行カードローンバンクイックについて、利息の違いも比較してみましょう。

【借入金額が100万円の場合の利息総額】(※各公式サイトの返済シュミレーションで計算)


返済期間 三井住友銀行カードローン
(年14.5%)
バンクイック
(年14.6%)
12ヵ月 80,265円 80,829円
24ヵ月 157,975円 159,113円


上記の表の見てのとおり、金利が0.1%違うだけで、利息総額には数百円、数千円の差が生まれます。
それぐらいなら気にしないという人もいるかもしれませんが、支払い金額は安ければ安いほどいいはず。
カードローンを利用する際は、少しでも金利が低いものを選んだほうがお得になるんです。

当たり前の話ですが、借りている期間(返済期間)が長いほど、金額が大きいほど、利息額は増えていきます。

ダラダラと借りたままにせず、なるべく早く返済するのが一番ですが、万が一返済が長引いたときには、このわずかな金利の差が大きく響いてきたりもします。

三井住友銀行カードローンの公式サイトでは、返済シミュレーションが可能。
月々の返済がどのくらいなのか、またどのくらいの利息になるのか調べることもできるので、いちど使ってみるのもいいでしょう。

口座開設不要

多くの銀行カードローンでは、カードローン申込み時に口座開設を求められます。
しかし、三井住友銀行カードローンでは口座を持っていなくても申込みが可能です。  

契約に口座が必要ないということは、口座開設の手続きに時間をかけなくて済むので、急いで借りたい人には便利ですね。
  
三井住友銀行の口座を持っていない場合は、キャッシュカードの代わりとしてローン専用カード(ローンカード)を使用することになります。
ローンカードの受け取り方法は、三井住友銀行のローン契約機または郵送になりますが、家にローンカードを郵送されたくない人はローン契約機での受け取りが良いでしょう。

一方で、三井住友銀行の口座を持っていれば、ネットバンキングや口座振替での返済、Web上で借入状況や返済金額の確認など、利用できるサービスが増えます。
なので、三井住友銀行カードローンを利用しようと考えている人は、この機会に三井住友銀行の口座を作っておくのもいいかもしれません。

ローンカードを利用する際は、主にATMからの借入や返済を行うので、通帳などに取引履歴が残ることがありません。
家族にカードローンの利用がバレるリスクが少なくなり、第三者の目を気にしないで借りられるのは心強いですね。

三井住友銀行および提携先のATM利用手数料が無料

三井住友銀行のキャッシュカードまたはローンカードがあれば、三井住友銀行や提携先のATMなどで借入・返済ができます。

しかも、ATMの手数料・時間外手数料は無料なので、時間や場所を気にする必要はありません。

ただしキャッシュカードのほうは、三井住友銀行ATM、コンビニATM以外での利用は不可。
その点は前もって認識しておきましょう。

以下の表に、ローンカードとキャッシュカードで利用できるATMをまとめたので参考にしてみてください。


ローンカード キャッシュカード
三井住友ATM
コンビニATM
ゆうちょATM
提携金融機関ATM 〇(ただし手数料がかかる)

Web契約が可能

三井住友銀行カードローンは、来店不要で申込みや契約ができます。
わざわざ来店する手間がなく、Web上で契約を締結できるので時間の節約になって便利です。

ほとんどの銀行は平日の15時に閉まることが多いなか、行く時間を作るのが難しいサラリーマンの人でも簡単に申し込めるのは助かりますね。

Webから申し込みする方法は以下の通りになります。
三井住友銀行のキャッシュカードを持っている場合の申し込み方法

(公式サイトより)

こちらは三井住友銀行の口座とキャッシュカードを持っている場合の申し込み方法ですが、口座を持たずにローンカードで借入する場合も、申し込み方法は同じです。 
ただし、ローンカードは郵送かもしくは三井住友銀行のローン契約機での受け取りが必要になります。

三井住友銀行カードローンの審査

三井住友銀行のカードローンの審査は正直なところ、消費者金融の審査と比べて厳しいです。
ただし、安定的な収入があったり、借入条件(年齢など)を満たしていたりすれば、審査に通る可能性は高いと思われます。

三井住友銀行カードローンの審査について解説する前に、まずは、一般的なカードローンの審査はどう行われているか見てみましょう。

一般的なカードローンの審査には「仮審査」と「本審査」の2つがあります。

仮審査

仮審査とは、氏名や年齢などの個人情報をもとに申込み条件に合っているかコンピューターが機械的に判断する大まかな審査のこと。

いくつか例として、仮審査でチェックされる項目を挙げてみました。

•個人情報(住所、連絡先、勤務先)
•年収
•信用情報
•他社借入額

本審査

本審査とは、個人信用情報、収入や勤務先などの確認を人間が行う審査のこと。

本審査でチェックされる項目は、以下の通りです。

•必要書類の提出(身分証明書、場合によっては収入証明書)
•他社借入の詳細
•在籍確認

上記が全てではありませんが、主にこれらの情報が大きく審査に影響します。

そして、審査のメインは、実は本審査ではなく仮審査のほう。
仮審査では、貸付できる人かどうか利用条件を満たしているかの審査で、本審査は、仮審査の申し込み内容に間違いはないか確認する審査になります。

金融機関は、審査の早い段階で個人信用情報を調べます。

個人信用情報とは

ローンやクレジットカードの契約や申し込みに関する情報、他社からの借入件数、借入金額、延滞情報などのことをいいます。年収などの数字からはわからない「行動」の裏付けとなる情報なので、これが著しく損なわれていると審査落ちになります。

また、本審査の際に勤務先の在籍確認というものが行われます。
在籍確認についてはこのあと解説します。

審査に重要な3つのポイント

さて、ここまでたくさんの情報を元に審査が行われていくのはわかりましたが、三井住友銀行カードローンの審査に通りやすくなるにはどうすれば良いのでしょうか。

一般的なカードローンと同じにはなりますが、三井住友銀行カードローンの審査で主に重視されるものは3つあります。

まず1つ目は「安定した収入」があることです。

審査基準のひとつとして安定した収入があることはとても大事になってきます。
なぜなら、安定した収入がないと、安定した返済も難しいと判断され、審査に落ちやすくなるからです。

収入が不安定な状態だと、毎月、同じ金額を継続して返済することが難しくなりますよね。 

例えば、月々の収入が10万円だったり、20万円だったりと収入の金額が安定していないと審査に落ちやすくなります。

なので、審査においては、年収の額ではなく、月々の収入が安定していることが重要です。
毎月一定以上の収入があれば審査に通りやすくなるでしょう。

2つ目は「安定した雇用形態」です。

一般的には、雇用形態が正社員であり、勤続年数が最低2年以上であると審査に有利だと言われています。
なぜなら、勤続年数が長ければ、今後も長期的に安定継続した収入が得られる見込みがあるので、返済において信用できるいうことになるからです。

ただし、正社員以外の雇用形態の場合、審査に落ちやすくなると思うかもしれませんが、そういうわけではありません。

どんな雇用形態でも安定した収入があることが証明できれば、審査に通りやすくなるのは間違いないでしょう。

最後の3つ目は「現在の借入状況」です。

三井住友銀行は他社の借入状況を厳しく審査します。
複数の消費者金融から借入をしていたり、年収に対して借入の金額が大きかったりすると、返済能力がないとみなされ、審査落ちにつながりやすいです。

三井住友銀行カードローンの審査に通りやすくするには、今までの借入を完済するかもしくは、「おまとめローン」を利用して借入件数を減らしておくといいでしょう。

もしも、ここまでの記事を読んで三井住友銀行カードローンの審査にやはり不安を感じるようであれば、SMBCグループのプロミスを利用するのはいかがでしょうか。
プロミスは、銀行系カードローンではなく消費者金融サービスのカードローンになるので、銀行と比べて年収や雇用形態による条件がないものが多いです。
そのため、銀行系カードローンと比べると審査に通過する可能性は高くなるかもしれません。

また、プロミスでは審査時間が最短30分で、銀行系カードローンと比べると圧倒的に早く、急いで利用したい人にも向いています。

急な出費で利用したい人は、検討してみるのも良いかと思います。

三井住友銀行カードローンの在籍確認

在籍確認は会社に電話連絡がくる?
在籍確認とは、申し込み時に記入した勤務先にきちんと在籍しているのか確認するための手続き。

もし、在籍確認がとれない場合は審査落ちになります。
なぜなら、職場の在籍確認が取れないということは、申告した職場に勤めていないことになるからです。

会社に在籍していないということは、「この人は返済能力がきちんとあるのか?」という疑問が生じます。
それだけではなく、在籍確認がとれなかった場合、虚偽の情報を書いたこととなり、信用が失われることになるのです。

「返済をしてくれるのか分からない」、あるいは「嘘をついている人」に誰だってお金を貸したくはありませんよね。
 

ちなみに、在籍確認の方法は原則、電話連絡となりますが、職場に電話されるのは避けたい人もいます。
その場合は、収入証明書などの書類を提出する方法でも在籍確認ができます。

ただし、その判断は担当者が決めることになりますし、少なくとも、
・勤続年数が短い
・収入が少ない
・他社から借り入れがある

といった人に対しては原則通り、電話連絡での在籍確認になるでしょう。

三井住友銀行カードローンの場合、在籍確認が行われるのは本審査の最終段階。
在籍確認をする際には申込者のプライバシーを考慮して、勤務先へ非通知でかけたり、個人名(銀行名)で電話連絡をしたりします。
そのため、第三者にカードローンの利用がバレるリスクは低いでしょう。

また、三井住友銀行から事前に「勤務先に電話連絡をしてもいいですか」という連絡がきます。
その際に、職場へ連絡する時間帯を指定できるかなどの相談をしてみるのもいいかもしれません。
ただし、必ずしも時間帯の指定などができるとは限らないので、その点については認識しておきましょう。

三井住友銀行カードローンのおまとめ・借り換え

三井住友銀行カードローンではおまとめローン、または、借り換えローンとして利用ができます。

おまとめローンと借り換えローンって何のことだろうって思いますよね。
どちらも一つの返済方法として知っておくと便利です。
ただし、きちんとメリットとデメリットを知っておかないと、あとで返済に困るかもしれないので、きちんと理解しておきましょう。

おまとめローンとは複数の会社のローンを1つの借入先にまとめるローンのことです。
月に何度もあった返済が1回になったり、1つにまとめたことによって金利が低くなったりすることもあるので、複数から借入している人にとっては魅力的なものでしょう。

次に借り換えローンとは、現在利用している借入先よりも金利の低いところで借りなおして支払いをしていくことを目的とするローンのことです。
金利の低い借入先に変更することで支払いする利息額が減るのがメリットになります。

借入金額や件数が多い人には、三井住友銀行カードローンをおまとめローン、または借り換えローンとして利用するのに向いていると言えます。

消費者金融のカードローンには、年収の3分の1を超える借入ができないという規則(総量規制)がありますが、銀行カードローンは総量規制の対象外。
なので年収の3分の1以上の借入も不可能ではありません。

ただし、最近では銀行も自主規制を行っており、総量規制に近い制限を設定している銀行もあるので、必ずしも希望額の借入ができるとは限りません。

いずれにせよ、三井住友銀行カードローンは消費者金融より低金利であるため、借り換えてしまえば、毎月の支払い額や利息を減らすことができるでしょう。

三井住友銀行カードローンの増額

増額はできる?
三井住友銀行カードローンは増額が可能です。

増額とは、現在設定されている利用限度額を増やすことをいいます。

例えば、いま借りている金額が30万円で、限度額に達しているとします。
でも、「旅行に行きたいから追加であと10万円借りたい」となった場合に使えるのがこの増額です。

ただ、カードローン申込み時と同様、増額する際にも「増額審査」という審査が必要になります。
50万円を超える借入には、収入証明書の提出もしなければいけません。

三井住友銀行カードローンで増額をしたい時は、自ら申込みをする方法と三井住友銀行から届く増額案内から申込みをする方法の2通りがあります。

毎月の返済をきちんと問題なくしている人や、返済実績が優秀な人には限度額を引き上げても良いと認められ、三井住友銀行から増額案内が届くことがあります。
増額案内が届く人は返済能力が高いとされているので、自分から増額の申し込みをする人よりも審査に通りやすいでしょう。

繰り返しますが、増額案内が届きやすい人の特徴としては、毎月の返済がきちんと遅れることなくできている、または積極的に追加返済をしていること、が挙げられます。

反対に、複数の消費者金融から借入をしていたり、返済が遅れたりしていると増額案内が届く可能性は低いでしょう。

こういった点も踏まえて増額の利用を検討して返済を行ってみてください。

  

 

【アコム】
※自動契約機(むじんくん)は年中無休ですが、年末年始は除きます
年末年始の営業時間
12/31(日)8時00分~18時00分まで
01/01(月)休業
※12/31の18時以降、1/1はネット申込可能ですが審査回答や契約の手続きは1/2以降となります
【J.Score(ジェイスコア)】
※貸付利率(実質年率)0.8%が適用されるのは、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、Yahoo!Japanとの情報連携を行った場合のみです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です