アローの審査についての仕様!在籍確認から増額、おまとめ・借り換えについても合わせて!

「消費者金融」と聞くと、テレビで大々的にCMをしている会社を思い浮かべる人が多いでしょう。
しかし実は、テレビでCMをしているような大手の消費者金融以外にもさまざまな中小の消費者金融があります。
名古屋に本社がある「アロー」もその一つです。

こちらでは、アローとはどのような会社なのかカンタンにお話した後、アローの審査、在籍確認、増額、おまとめや借り換えなどについて解説していきます。

アローとは

「アロー」という名前の貸金業者は聞いたことがないという人も多いのではないでしょうか。
「アロー」は、名古屋市中川区に本社を構える中小の消費者金融です。

設立は平成12年11月。
初めは岐阜市で不動産売買や賃貸などを行う「有限会社アロー」でしたが、平成22年の2月、「株式会社アロー」に商号を変更し、名古屋市中村区に本店を移動。
5月に貸金業登録を行っています。
(貸金業登録番号:愛知県知事(3)第04195号、日本貸金業協会会員第005786号)

名称に「アロー」が含まれる会社はたくさんあるので、この記事では分かりやすいように「キャッシングアロー」と呼ぶことにします。

消費者金融キャッシングアローの商品ラインナップ

消費者金融のキャッシングアローにはどのような商品があるのか、ラインナップを見ていきましょう。

・フリープラン
キャッシングアローのスタンダードなキャッシングプランです。

融資額:200万円まで
資金使途:原則自由
金利:年15.00%~19.94%
遅延損害金利率:年19.94%
返済方式・返済期間:残高スライドリボルビング(契約日から5年、60回)、元利均等返済(2~180回、最長で15年以内)
担保・保証人:原則不要

・貸金業法に基づく借換ローン
月々の返済額、利息の軽減などができるローンです。

融資額:200万円まで
資金使途:貸金業者からの借金の借り換え
金利:年15.00%~19.94%
遅延損害金利率:年19.94%
返済方式・返済期間:元利均等返済(2~180回、最長で15年以内)
担保・保証人:原則不要

アローの審査と在籍確認

中小消費者金融のキャッシングアローって審査の難易度はどうなんだろう? と気になる人もいると思います。
大手の消費者金融と比べて甘いのか厳しいのか、キャッシングアローの審査について見ていきましょう。

消費者金融キャッシングアローの申し込み方法、審査時間

キャッシングアローの申し込みはネット、FAX、郵送となっています。
電話での申し込みはできないようです。

キャッシングアローのフリープランの審査は、最短45分で終了。
この審査スピードの早さは、大手の消費者金融に引けを取らないと言えるでしょう。

消費者金融キャッシングアローの審査難易度

先ほどの商品ラインナップから分かる通り、キャッシングアローの金利は高めです。
そのため、低金利の銀行カードローンなどと比較すると審査の難易度が低いと考えられます。
口コミでも、柔軟な審査に対応してもらえたというものが目立ちました。

しかし一方で、少し心配な点も。
それは申し込み条件に関してです。

申し込みページの上部には、

・申し込みできる年齢は24歳以上66歳以下
・健康保険に未加入だと契約できない
・勤続年数が1年未満だと申し込みできない
・他社の返済遅れがあると申し込みできない

といった条件が赤字で記載されていました。

大手の消費者金融は、一般的に20歳以上で利用できるところが多いです。
24歳以上でないと申し込みできないというのは、少し厳しめな印象を受けますね。
上限も他社は70歳程度までOKのところも多いですから、こちらも厳しい印象です。

また、勤続年数が1年未満だと申し込みできないというのも厳しい条件だと言えます。
銀行や信用金庫などのカードローンで勤続年数の制限を設けているところはよくありますが、大手の消費者金融などの場合には、あえてそのような条件は設けられていません。
公にしていないだけで、審査時に勤続年数もチェックしている金融機関は多いでしょうが、はっきりと勤続1年未満の申し込みを断っているのは、厳しいと言わざるを得ないのではないでしょうか。

さらに、「他社で返済の遅れがあると契約できない」ということもはっきり書かれています。
もちろん、信用情報に傷がある場合には基本的にどこのカードローンでも審査に通らないのが普通です。
しかしキャッシングアローの場合には申し込みの条件にはっきり書かれていますから、「中小消費者金融のキャッシングアローならブラックOKかも? 」という淡い期待は抱かないほうが良さそうです。

中小の消費者金融だから審査も楽勝でしょ……などと思っていると、審査落ちしてしまうかもしれません。
いずれにせよ、油断禁物だと理解しておきましょう。

消費者金融キャッシングアローの在籍確認

キャッシングの審査では、できれば在籍確認を避けて通りたいな……と思っている人が多いと思います。
しかし、キャッシングやカードローンなど、融資を受ける場合には必ず在籍確認があります。
在籍確認をせずに融資をしますなどと謳っているのは、むしろ悪徳な業者だけです。

在籍確認の電話連絡がないカードローンなどもありますが、これは在籍確認自体がないわけではなく、電話連絡とは別の方法で在籍確認を行っているという意味。
つまり、こういったカードローンでも書類などを使って、在籍確認自体はしっかり行われています。

ですから、消費者金融のキャッシングアローの審査でも、在籍確認は行われると思っておきましょう。

在籍確認時には、キャッシング審査の電話だとは分からないように職場に電話をかけてくれます。
ですから、あまり心配しすぎないようにしましょう。

キャッシングアローの審査が不安なら

キャッシングアローなどの中小消費者金融の利用を検討しているということは、キャッシングの審査に不安があるということではないでしょうか。
今の自分の状況で審査に通るのかどうか、見通しが分からないと誰でも不安なもの。
申し込み前にある程度の目安が分かったらいいのに、と思う人も多いのではないでしょうか。

最近、注目されている新しい消費者金融J.Score(ジェイスコア)では、事前にAIによる審査をうけてAIスコアを算出するため、自分にどの程度の可能性があるか分かるようになっています。
あくまでJ.Score(ジェイスコア)の審査基準による目安となりますが、審査に通れるか知りたい人は、試してみても良いかもしれません。
キャッシングアローより低金利なので、結果がよければ、そのままこちらを利用するのもアリかもしれませんね。

アローの増額

キャッシングアローを利用していると、限度額いっぱいに使ってしまったなどという事態になることもあると思います。
そんな時、急にまとまったお金が必要になったら「限度額をもっと増額してもらいたいな」と考えるのが自然でしょう。
キャッシングアローの増額について見ていきましょう。

消費者金融のキャッシングアローは増額可能

キャッシングアローは、公式サイトに「限度額増額・再利用申し込み」という項目が用意されています。
そのボタンをクリックし、申込金額、お客様情報などを入力していくことでネットから増額の申し込みが可能です。
増額の申し込みフォームは、自宅情報や勤務先情報に変更がなければその欄は記入しなくてよい仕様になっているようです。

増額は誰でもできるわけではない

増額の申し込みさえすれば誰でも増額できると思っている人もいるかもしれませんが、そうではありません。
増額審査を受けて通過しなければ、増額はできないのです。

今までよりも融資してもらう金額を増やすわけですから、一般的には、新規の申し込み時の審査よりも厳しいことが多いとされています。
もちろん返済の遅れなどがあれば審査に通りませんし、新規申し込みからの期間、利用状況、属性の変化なども重要なポイントとなって来るでしょう。

アローのおまとめ・借り換え

先ほども商品ラインナップのところで少しご紹介しましたが、消費者金融のキャッシングアローには「貸金業法に基づく借換ローン」も用意されています。
ネーミングは「借換ローン」ですが、公式サイトには3社の借金をキャッシングアローの借換ローンを使っておまとめする例が載っています。

キャッシングアローの借換ローンを利用する効果として「毎月の返済額の軽減」「毎月の利息の軽減」と書かれていますが、金利が15.00%~19.94%であることを考えると、金利を軽減するのは難しいでしょう。
おまとめしたことによって仮に下限金利が適用されたとしても年15.00%ですから、キャッシングアローの借換ローンでおまとめをするメリットはあまり大きくないと言えそうです。

ただ、借金の返済日がバラバラで面倒だから1つにまとめたい、他社のおまとめローンや借換ローンの審査に通らなかったなどという場合、借金を1つにまとめられるという意味では利用してみても良いかもしれません。
利用時には、借り換え、おまとめ前よりも金利が高くなってしまわないよう注意しましょう。


名古屋にある中小消費者金融の「アロー」の審査、増額、おまとめや借り換えについてお話してきました。
キャッシングアローはあまり耳慣れない名前ですが、きちんと貸金業登録をした中小の消費者金融です。
一般的なローンのフリープランのほかに、借換ローンも用意されています。
金利が高めなので審査は甘いのではないかという印象を持つ人も多いかもしれませんが、申し込み時の条件は比較的細かく設定されているので、自分が条件を満たしているかのチェックは忘れないようにしましょう。

※株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更されました
※アコムの無人契約機むじんくんは年中無休ですが、年末年始期間は除きます
【むじんくんの年末年始営業時間】
12/31(日)8時00分~18時00分まで
01/01(月)休業
※アコムは12/31の18時以降、1/1についてはインターネットでの申込は可能ですが審査回答や契約の手続きは1/2以降となります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です