アコムの審査の時間や流れを一気読み!

口コミでも評判の大手消費者金融アコム

こちらでは、アコムの審査の流れやアコムの審査にかかる時間、申し込みの時間帯などについてお話していきます。
気になる在籍確認や増額などについても解説していますから、参考にしてみてください。

《アコムのメリット》

最短なら1時間で借りれる
最大30日間の無利息キャッシングが初回限定で利用できる
20代~50代のアルバイト・正社員におすすめ
楽天銀行の口座があればいつでも振り込み融資可能
・むじんくんを使ってカード発行すれば土日もカードで借りれる

《アコムのデメリット》

・消費者金融なので銀行カードローンと比較すれば金利が高め
・総量規制の対象のため、専業主婦(主夫)は借りることはできない



[アコムの公式ページはこちら]

アコムの審査の流れ

アコムの審査の流れを解説していきます。

申し込みできる人

まず、自分が申し込み条件を満たしているかという点をチェックしてから審査に挑みましょう。
アコムに申し込みできるのは、次の条件を満たす人です。

・20歳以上で安定した収入がある人
・アコムの審査基準を満たす人

学生でも、20歳を過ぎていてアルバイトなどで収入があれば申し込みができます。
総量規制の関係上専業主婦は申し込みできませんが、パート収入のある主婦なら申し込み可能です。

アコムの申し込み方法は5つ

アコムのカードローンの申し込み方法には

・ネット申し込み
・自動契約機(むじんくん)からの申し込み
・店頭申し込み
・電話での申し込み
・郵送での申し込み

の5つがあります。

このうち、店頭または自動契約機(むじんくん)からの申し込みならその場でローンカードが受け取れます。
ネット申し込み、電話申し込みの場合も、その後店頭や自動契約機(むじんくん)へ足を運べばその場でローンカードを受け取ることが可能です。

アコムの審査の流れ

・まずはネット、自動契約機(むじんくん)、店頭、電話などから申し込みを行う
・届いたメールに書かれているURLから本人確認書類などを提出する(アプリ、会員ログイン、自動契約機、店頭窓口などから提出)
・提出した書類などに基づき審査が行われる
・在籍確認が行われる
・審査結果が通知される
・「契約手続きお願い」のメールから契約手続きを行う
(店頭、むじんくんの場合、その場で審査結果が通知され、その場で契約を行う)
・契約後、ローンカード、振込融資で借り入れを行う

アコムの審査時間

次は、アコムの審査時間を解説します。
アコムは審査が早い消費者金融のなかでも、トップクラスの審査スピードを誇ります。

アコムは最短30分審査

アコムは、営業時間内に余裕をもって申し込みが行われた場合、「最短30分」で審査結果が通知されます。
自動契約機(むじんくん)や店頭窓口ならその場でローンカードを受け取ることができ、ATMからすぐに借り入れが可能。
ネットからの申し込みの場合、振り込みで融資をしてもらうこともできます。
そのため、その日のうちに融資を受けたい人にとっては魅力的だと言えるでしょう。

アコムに申し込みができる時間帯

最短30分で審査結果を得るためには、決められた時間内に申し込み手続きを行う必要があります。
申し込み方法によって、その日のうちに融資が受けられる時間が変わって来るため注意しましょう。

・ネット申し込みの場合
24時間365日申し込みが可能ですが、夜間に申し込みをした場合には翌日以降の審査結果回答となります。

・店頭窓口の場合
平日の9時30分~18時まで申し込みできます。
土日祝日は休業ですから注意しましょう。

・自動契約機(むじんくん)の場合
年中無休(年末年始除く土日祝日もOK)で8時~22時まで申し込みできます。
アコムの審査を夜遅くまで行ってもらえるため、仕事帰りにも申し込みできるでしょう。
22時までに済ませるには、最短で審査回答まで30分かかると考えて、最低でも21時よりも前に申し込みを開始すると安心かもしれません。

・電話での申し込み
フリーコール(0210-07-1000)に電話をして申し込みをします。
当日に審査回答を得たい場合には18時までに電話をしましょう。

アコムの審査結果通知

審査時間が早く、複数の申し込み方法があるアコム。
その審査結果通知は申し込み方法によって異なります。

以下をご覧ください。

・ネット申し込みの場合
審査終了後、メールにて通知されます。
必要に応じて、電話での通知のこともあります。

・電話での申し込みの場合
18時までの申し込みの場合、その場で融資可能かどうかを回答してくれます。
それ以降の時間の申し込み場合、審査結果回答は翌日です。

・自動契約機(むじんくん)、店頭申し込みの場合
審査結果はその場で通知されます。

・郵送申し込みの場合
審査結果は電話にて通知されます。
その際、担当者の個人名で電話がかかってきます。
郵送の場合はアコムの審査結果回答まで時間がかかることが考えられますが、それ以外の申し込み方法の場合、通常は決められた時間内なら最短30分の審査回答となります。

いつまでたってもアコムの審査結果が来ないなどという場合には、フリーコール(0120-07-1000)に電話をして問い合わせてみましょう。

アコムの在籍確認

アコムの審査では、職場への電話連絡による在籍確認が行われます。

担当者の個人名で電話してくれる

職場に電話が来るのは嫌だな……と思う人も多いと思いますが、さほど心配はいりません。
通常は、担当者の個人名で電話がかかってきます。
「アコムの審査の電話です」などとは間違っても名乗りませんから、安心してください。
そして本人が在籍確認の電話に出ても長々と話をするわけではなく、本人だと確認できればそれで電話は終わります。
ですから通常は、周りの人にバレてしまうということはないでしょう。

書類で在籍確認を行ってくれる可能性も

やむを得ない事情があり、職場への電話という形の在籍確認が取れないという人は事前にアコムに問い合わせをしてみましょう。
職場への電話連絡を行わず、書類などで在籍確認を行ってもらえる可能性があります。

ただしこれは、アコムが公式に行っている方法ではありません。
あくまでも、やむを得ず在籍確認が取れない場合などに担当者の判断で行ってくれるものですから、担当者によってはこのような対応をしてくれないことも考えられます。
「アコムの在籍確認で職場に電話されるのがどうしても嫌だからなしにしたい」という理由だけで、書類での在籍確認に切り替えてもらえるかどうかは微妙なところかもしれません。

確実に電話連絡なしにしたい人はSMBCモビット

職場への在籍確認の電話連絡なしで借り入れを行いたい場合、SMBCモビットの「WEB完結申込」を利用しましょう。
モビットのWEB完結申込なら、「電話連絡なし、郵送物なし」ということを公に宣言していますから、本当に職場への電話連絡なしで借り入れをすることができます。
ただし、SMBCモビットのWEB完結申込は「在籍確認なし」ではありません。
あくまでも在籍確認時に職場への電話連絡がないということであり、在籍確認自体は、しっかりと書類による確認という形で行われます。

アコムの審査は甘い?ゆるい?

いくらアコムを利用したくても、審査に通過しなければお金を借りることはできません。
アコムは銀行カードローンではなく消費者金融のカードローンだから、審査が甘い、ゆるいと嬉しいと思っている人も多いと思います。

アコムはパートアルバイトも可

アコムに限らず、まともな消費者金融は甘い審査などはしません。
ですが、ある程度の収入が継続的にあれば、正社員のみならず派遣社員やパート、アルバイトでも申し込みをすることができます。
また、学生でも20歳を過ぎていてアルバイトなどの収入があれば大丈夫です。

このような点から見ると、アコムの審査はそこまで厳しい審査というわけではないと言えます。
そのため仕事をしていて毎月安定した収入がある人なら、問題なく審査に通過できるでしょう。

しかし、アコムは総量規制の対象となりますから、専業主婦や無職の人など全く収入がない場合には審査に通過することはできません。

アコムの審査に落ちる人

アコムの審査に落ちてしまうのは、全く収入がない人だけとは限りません。
なかには収入が多くても、審査に落ちてしまう人もいます。
審査に落ちてしまう人の特徴を見ていきましょう。

信用情報がブラック

よく「ブラックリスト」という言葉を聞くという人も多いと思いますが、実は「ブラックリスト」というものは存在しません。
ブラックというのは、他社で返済を延滞していて信用情報にそれが記録されてしまっている状態を言います。
そのほか、債務整理をしてまだ一定期間が経過していない人も、ブラックです。

アコムの審査の際には信用情報をチェックされますから、ブラックの人はいくら年収高くてもまず審査に通りません。

他社での借り入れが多い

アコムでの借り入れは、総量規制の対象となります。
総量規制とは、年収の3分の1までしか借り入れができないという決まりのこと。
そのため、他社の借金の合計がすでに年収の3分の1近い場合には、アコムの審査に通ることができません。
これから借りようとしているアコムの借入予定額をプラスすると年収の3分の1を超えてしまうという場合も、審査落ちしてしまう可能性が高いです。

借り入れの件数が多い

1社ずつの借入額は少なくても、借入の件数が多い人はアコムの審査に落ちやすいです。
各社から少額しか借りられないからいろいろなところから借りている場合には、金融機関が少額しか貸さない=信用されていない人だと見られてしまうことも。
よって、審査落ちしやすいと言えます。
たくさんの金融機関から借金をしていれば、その分返済してもらえない可能性が高くなると判断されてしまうのは当然かもしれません。

勤続年数が極端に短い

アコムの申し込み条件には勤続年数の条件などは設けられていませんが、就職、転職して間もない場合などには今後仕事を継続できるのかどうか分からないという点から、審査に落ちやす事が考えられます。

申し込み時に嘘の申告をした

本当は無職なのに嘘をついて働いていることにするなど、申し込み時に嘘の申告をしてしまった場合、審査に落ちてしまいます。

職場に関しては必ず在籍確認が行われますし、他社に借金があるかどうかに関しては、信用情報をチェックすれば一発で分かってしまいます。
嘘をついてもバレないだろうと思ったら大間違いです。
必ず嘘はバレますから、申し込み時に嘘の申告をするのは絶対にやめましょう。

短期間に複数の金融機関に申し込みをしている

1ヶ月程度の期間に3~4社などたくさんのカードローン、クレジットカードに申し込みをしてしまうと、「申し込みブラック」という状態になって審査に通過しにくくなります。
「念のため……」とたくさんのカードローンに申し込みをしたくなってしまいますが、これはやめたほうが良い行為なのです。

審査に落ちないための対策とは?

借金の借入件数が多い場合、1件でも借金を減らしておきましょう。
もちろん、借金の金額もできる限り減らしておくとベターです。

一度ブラックになってしまうと、延滞していた借金を完済してから5年程度はその情報が残ってしまいます。
ですからアコムに申し込みをする前に、延滞していた他社の借金を完済してから5年経っているかどうか確認しましょう。
自分がブラックかどうか知りたい場合には、信用情報機関に情報開示すると分かります。
3つの信用情報機関全てに開示請求を行っても数千円で済みますから、気になる人はこの機会に調べとくと良いかもしれません。

また、申し込みブラックの人は、複数のカードローンやクレジットカードに申し込みをしてしまってから6カ月以上経ってから再チャレンジしましょう。

アコムの増額審査

増額審査は、一般的に新規申し込みの審査よりも厳しいのが普通です。
増額してもしっかり返済できるのかどうかを問われるわけですから、当然と言えば当然かもしれません。

新規申し込みをしてすぐに増額審査を受けてもまず審査に通らないと考えられますが、最低でも半年以上経過していて、アコムをコンスタントに利用し、しっかり返済実績を積んでいる場合、十分増額のチャンスはあると考えられます。

他社の借金も含めて総量規制の範囲内であれば、増額できる可能性があるでしょう。

増額時の在籍確認なども気になるところですが、一般的には職場に変更がない場合には行われないことが多いと言われています。
新規の申し込みからかなりの年月が経っている場合や、職場が変わった場合には改めて在籍確認が行われると思っていたほうが良いでしょう。

 
以上、アコムの審査について、いろいろお話してきました。

アコムの審査は最短30分で結果回答が得られるので、スピーディーに借り入れを行いたい人にとっては魅力だと言えそうです。

パートやアルバイトの人でも申し込みができるため、定期的に収入がある人なら審査に通過できる可能性が高いです。
ただし、信用情報がブラックの場合には審査に通るのは難しいと思っておきましょう。

【アコム】
※自動契約機(むじんくん)は年中無休ですが、年末年始は除きます
年末年始の営業時間
12/31(日)8時00分~18時00分まで
01/01(月)休業
※12/31の18時以降、1/1はネット申込可能ですが審査回答や契約の手続きは1/2以降となります
【J.Score(ジェイスコア)】
※貸付利率(実質年率)0.8%が適用されるのは、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、Yahoo!Japanとの情報連携を行った場合のみです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です