横浜銀行カードローンの審査を評価!在籍確認から借り換え・おまとめまで徹底的に紹介します!

横浜銀行カードローンって?

横浜銀行のカードローンは、金利は1.9%~14.6%と、銀行カードローンの中でも低く、さらにインターネット申込みであれば、最短なら即日融資も可能ということから評判になっている銀行です。
借り入れ限度額も10万円~1000万円と大幅になっているので、増額や借り換え・おまとめしてローンを一本化してしまいたい方にもおすすめです。

そんな横浜銀行カードローンですが、お得にお金を借りたい方もいますよね。
今回は、横浜銀行カードローンの審査や増額・おまとめ・借り換えなどについて、まとめて解説していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

横浜銀行カードローンの審査について

基本的に銀行カードローンは審査を厳しく行います。横浜銀行カードローンも例外ではありません。
ですが、厳しいといってもちゃんと事前に対策をしておけば審査の通過の見込みはありますので安心してください。

対策をするにはまず、審査基準を知っておく必要があります。そこで、横浜銀行カードローンの審査内容をリサーチしてみました。

横浜銀行カードローンの審査基準は?

では、横浜銀行カードローンの審査基準はどうなのでしょうか。
横浜銀行カードローンの審査基準は以下のようになっています。

横浜銀行カードローンの審査基準

■契約時満20~69歳の方
■安定した収入がある方、またはその配偶者
■アルバイト、パート、派遣、自営業、専業主婦、年金受給者も借り入れ可能
学生の利用は不可
■次の地域に居住または勤め先がある方
【神奈川県全域、東京全域、群馬県の前橋市、桐生市、高崎市】
■保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方

上記の通り、横浜銀行カードローンの審査基準は特別厳しいということでもありません。
ただし、一般的な消費者金融のカードローン審査と比べれば、横浜銀行カードローンの審査は金利が低い分、厳しいものが想定されるでしょう。
横浜銀行カードローンが他の一般金融と比べて実際どうなのか気になっている方もいるかと思います。
そこで、人気のカードローンと横浜銀行を比較して表をまとめました。
【人気のカードローン職業別借り入れ表】

カードローン名正社員パート
アルバイト
学生専業主婦
アコム×
プロミス×
モビット×
三菱東京UFJ銀行カードローン
『バンクイック』
×
三井住友銀行カードローン
イオン銀行カードローン×

【横浜銀行カードローンの職業別借り入れ表】

カードローン名正社員パート
アルバイト
学生専業主婦
横浜銀行×

こうして見ると、銀行によって借り入れできる職業とできない職業がはっきり分かれていることが分かります。
横浜銀行では学生の方の利用ができない決まりになっていますので、学生の方で利用したい方は、学生利用が可能な銀行を検討しましょう。

または、幅広くご利用が可能な三井住友銀行カードローンや、三菱東京UFJ銀行カードローンの『バンクイック』を視野に検討するのもいい方法と言えます。

横浜銀行カードローンの審査時間

横浜銀行カードローンの審査を受ける際に、中でも気になるのは審査時間です。
高額融資ができるカードローンを使えるのは嬉しいですが、即日利用したいのに審査時間が長かったのでは、安心して申込みをすることができませんよね。

カードローンを選ぶにあたって、その金融機関の審査時間について、注目しておくことも大切になっていきます。
横浜銀行カードローンは2~3日の審査時間を要しますが、ネット申込であれば審査時間は最短で即日融資が可能です。
24時間365日いつでも申込みが可能なので急いでる方でも安心して利用ができるようになっています。

横浜銀行カードローンの在籍確認の方法について

在籍確認というのは、申込者の返済能力を見るために、申込者の勤務先などに電話連絡をして、在籍しているか確認することを言います。

横浜銀行カードローンの在籍確認の方法は、他の会社と同じように申込者が勤めている職場への電話連絡になります。

職場に銀行から電話連絡が来ることで、他の人に知られるか不安になる方もいるかと思います。
横浜銀行カードローンの場合、勤務先へ電話連絡をする際は、会社名や在籍確認であることを基本的には伏せてくれるので会社の人にバレてしまうという心配はありません。

しかしながら、絶対に仕事場にキャッシングをすることがバレたくないという方は、書類で在籍確認を行ってくれる金融機関もありますので、そちらの利用をおすすめします。

横浜銀行カードローンの増額について

すでに横浜銀行カードローンを利用している方の中には、増額を検討している方もいるかも知れません。
横浜銀行カードローンの最高限度額は1000万円なので、高額融資をしたいという方にもオススメです。

電話での申込みになっているので、増額の際は横浜銀行のカードローン受付センターに電話連絡が必要です。
ただし、増額をする場合は行われる審査基準が初回の申込みの時と全く違うものであるという認識を持ってください。

増額審査は「収入状況」に加えて、「返済状況」や「借り入れ回数」なども審査基準に入ってきます。
横浜銀行カードローンの増額審査に通過する自信がないという方は、新しい借入先を探して申し込みをする、という方法も視野に入れておきましょう。

横浜銀行カードローンを利用しての借り換え・おまとめ

横浜銀行カードローンをおまとめ・借り換え先として利用する方もいます。
結論から言えば、横浜銀行カードローンの金利は 1.9%~14.6%とかなり低いので、借金を一本化すると利息負担も減り、返済日も一日にまとまるのでメリットが多いです。

また、横浜銀行カードローンは借り入れ最高限度額も1000万円と大きいため、高額のおまとめ・借り換えを望む方にとっては、よりお得な一本化が期待できます。

ただし、横浜銀行カードローンは借金・返済でATM手数料が発生します。
ですので、よりお得なカードローンでおまとめ・借り換えがしたいという場合は、横浜銀行カードローンと同等かそれ以下の金利でコンビニエンスストア・銀行ATMの手数料無料の金融機関を選んだ方が良いかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です