みずほ銀行カードローン審査を解説!在籍確認から増額、おまとめ・借り換えなどもあわせて説明。

みずほ銀行と言えば、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行と並ぶメガバンクの一つです。
関東に住まわれている方や単身赴任などで関東に滞在していらっしゃる方は、みずほ銀行の口座をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そんなみずほ銀行には、低い金利で且つ最短即日融資が受けられる便利なカードローンがあります。
その名は、みずほ銀行カードローン

今回は、みずほ銀行のカードローンの審査、在籍確認、おまとめ・借り換え、増額(増枠)などについて余すことなく解説していきます。
ご興味がある方は、ぜひご覧になってみてくださいね。

みずほ銀行カードローンの審査


みずほ銀行カードローンには二種類のプランがあります。
一つは、みずほ銀行カードローン コンフォートプラン。こちらは標準的なカードローンのプランとなります。
もう一つは、みずほ銀行カードローン エグゼクティブプランこちらは金利がかなり安くなっていてお得です。

但し、みずほ銀行カードローンエグゼクティブプランとコンフォートプランを利用する際の金利は審査によって決定されます。
なので残念ながら、低い金利で借り入れをしたいからといって、みずほ銀行カードローン エグゼクティブプランを利用すれば、確実に安くなるとは限りません。

しかし、みずほ銀行カードローン コンフォートプランも金利は3.5%~14.0%なので、コンフォートプランを利用する場合でも、カードローンの中でもトップクラスの低い金利で利用することができると言えるでしょう。

また、みずほ銀行カードローンは、住宅ローンを利用していれば、本来適用されるはずの金利から-0.5%引き下げられるので、よりお得となります。
仮に、みずほ銀行の住宅ローンを利用しているのならば、みずほ銀行カードローンも合わせて契約すると、かなりお得に借り入れができますよ。

さて、みずほ銀行カードローンの審査に関してですが、審査が甘い、緩いということはありません。しかし、安定した収入を得ている方ならば、アルバイトやパートタイマー、契約社員などの働き方をされている方から専業主婦(主夫)まで利用できるため、審査基準についてはそこまで心配なさらなくとも大丈夫でしょう。

みずほ銀行カードローンの審査では仕事場への電話連絡無し?

みずほ銀行カードローンの審査が不安な方は、審査基準が厳しいか、甘いかだけではなく、在籍確認についても気にされている方が多いのではないでしょうか。
金融機関の在籍確認は、基本的には、皆様のお勤め先の職場への電話連絡によって行われます。
みずほ銀行カードローンの在籍確認も同じく、職場への電話連絡の方法が取られます。

その際に、皆様のお勤めの会社に電話連絡をするのは、みずほ銀行ではなく、みずほ銀行カードローンの保証会社である株式会社オリエントコーポレーション(オリコ)が電話をすることになります。
オリエントコーポレーションは、みずほ銀行や社名は出さず、個人名を名乗るため、在籍確認の電話連絡で会社の上司や部下、同僚にバレてしまうことはないでしょう。

みずほ銀行のカードローン審査は、個人情報を慎重に取り扱ってくれますので、安心して在籍確認の電話を受けることができますよ。

ここで、みずほ銀行カードローンの在籍確認の方法と人気のカードローンの在籍確認の方法を表で見てみましょう。

まずは、みずほ銀行カードローンから。

【みずほ銀行カードローンの在籍確認の方法】

カードローン名在籍確認の方法
みずほ銀行原則、会社への電話連絡
担当者は銀行名か個人名を名乗る

次に、人気のカードローンの表をご覧下さい。

【人気のカードローンの在籍確認の方法】

カードローン名在籍確認の方法
アコム原則、会社への電話連絡
※担当者は個人名を名乗る
プロミス原則、会社への電話連絡
※担当者は個人名を名乗る
モビットweb完結申し込みなら、電話ではなく収入証明書類などの書類で在籍確認を行う
三菱東京UFJ銀行カードローン
『バンクイック』
原則、会社への電話連絡
※担当者は銀行名を名乗る
三井住友銀行カードローン原則、会社への電話連絡
担当者は銀行名か個人名を名乗る
じぶん銀行カードローン原則、会社への電話連絡
担当者は銀行名か個人名を名乗る
イオン銀行カードローン原則、会社への電話連絡

原則、みずほ銀行カードローンの在籍確認は、お勤め先に電話連絡をすることで、本当にその会社に在籍していて返済能力があるかを確認するものの、どうしても職場に電話をかけて欲しくない場合は、相談の上、それが認められる場合もあります。

資料で在籍確認を行うとなると、本人確認書類や収入証明書などの書類を用意する必要がありますが、もし職場への電話連絡をされて会社の人にバレるのが不安な方は、オリエントコーポレーションの相談係に相談してみるのも良いのではないでしょうか。

もしも、会社への電話連絡は絶対にされたくないという方がいらっしゃったら、書類で在籍確認をしてくれる、SMBCモビットのweb完結申し込みも検討してみては如何でしょうか。

みずほ銀行カードローンの増額(増枠)をする場合


最後に、みずほ銀行カードローンの増額(増枠)についての注意点について述べます。

銀行カードローンは何社からも利用できるものではありません。
利用できる限度額いっぱいになっても、もう少しだけお金を借りたいという場合は、増額(増枠)の要求をすれば限度額を増加してもらえるカードローンが良いですよね。
結論から言えば、みずほ銀行カードローンは増額(増枠)をすることが可能です。

みずほ銀行カードローンの再申し込みをすれば、借り入れ限度額の増額(増枠)ができるので、スマートフォンかPCを利用してインターネット申込みをするのが良いかと思います。
但し、申込みには審査が必要になるので、その増額審査に通過するために、日頃からみずほ銀行のカードローンの返済をきちんとすることや、他社のカードローンを複数社申込みをしていないことが必要です。

みずほ銀行カードローンでおまとめ・借り換えを考えている方へ

みずほ銀行カードローンでおまとめ・借り換えして、借金一本化をしてしまうことを考えている方もいらっしゃるかと思います。
みずほ銀行カードローンは金利が少ないので、そのように考えている方にはうってつけと言えるでしょう。

さらに、みずほ銀行カードローンのエグゼクティブプランの金利は3.0%~7.0%となりますので、他のカードローンでおまとめ・借り換えを始めるよりももっと低い金利で借金をまとめてしまえるかと思います。

みずほ銀行カードローンのエグゼクティブプランへ申し込めなかったとしても、他社と比べ、みずほ銀行カードローンの金利は少なめです。

みずほ銀行カードローンのコンフォートプランの場合でも金利は3.0%~14.0%なので、消費者金融やその他の金利が高めの銀行カードローンの借り換えであれば、月々の返済額や合計返済料金を大幅に減らせる見込みがありますよ。

ここで、みずほ現行カードローンと人気のカードローンの金利を表にして比べてみたいと思います。
まずはみずほ現行カードローンから。

【みずほ現行カードローン 金利】

カードローン名金利
みずほ銀行カードローン
(エグゼクティブプラン)
3.0%~7.0%
みずほ銀行カードローン
(コンフォートプラン)
3.5%~14.0%

次に人気のカードローンの金利をまとめた表をご覧ください。

【人気カードローン 金利】

カードローン名金利
アコム3.0%~18.0%
プロミス4.5%~17.8%
モビット3.0%~18.0%
三菱東京UFJ銀行カードローン
『バンクイック』
1.8%~14.6%
三井住友銀行カードローン4.0%~14.5%

こう比較してみると、みずほ銀行の金利はかなり少ないということが分かりますね。

他にも、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』イオン銀行カードローンの金利もかなり少ないと言えるでしょう。
じぶん銀行カードローンの「カードローンau限定割 借り換えコース」は1.7%~12.5%と、ダントツの金利の少なさですね。

おまとめ・借り換えをする利点というのは、低い金利カードローンを利用して借金一本化をすることで、返済料金を減らせるということにあります。
なので、おまとめ・借り換えをするのなら、低い金利の銀行カードローンを吟味して利用するのが良いでしょう。

※株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です