キャッシングエニーの審査や在籍確認のニュースをまとめました!増額やおまとめ・借り換えについてもご紹介!

キャッシングエニーとは

キャッシングエニーは中小消費者金融の中では知名度も高く、最大500万円までの借り入れが可能という点で今、注目を集めています。
また、web完結申し込みであれば即日融資も対応してくれるので、お金に困っている人にとって良心的なサービスです。

金利が5.0%~20.0%と高めなので高額融資にはあまり向いてはいませんが、必要な分だけお金を借りるのであれば便利に利用することができます。

キャッシングエニーの審査について


キャッシングエニーの審査ですが、中小消費者金融ということもあり「審査が甘い」と誤解をする方もいます。
ですが、実際にはキャッシングエニーの審査も非常に慎重に行われているため、審査対策は欠かせません。

キャッシングサービスを提供している以上、キャッシングエニーも審査を厳しく行っています。
厳しい審査ではありますが事前にきちんと審査対策をしておけば、審査通過の見込みは十分望めるので、安心して下さい。
キャッシングエニーの審査では「安定した収入があるか」という点を慎重に確認されています。

安定した収入があれば、キャッシングエニ―で借りたお金を返済できるという方針です。
逆にいえば、安定した収入がない方は返済能力がないと判断されるので、キャッシングエニーの審査通過が厳しくなります。

安定した収入と言っても必ず正社員である必要はありません。
パートやアルバイトの方でも収入に安定性があれば審査通過となります。
重要なのは職業ではなく収入の安定性なので、それを意識して審査にスムーズに通過できれば即日融資も見込めるのです。

キャッシングエニーの在籍確認は?

キャッシングエニー審査に関して不安があるとすれば、在籍確認ではないでしょうか。
銀行やカード会社でのキャッシング審査の際には在籍確認が行われますが、その方法は皆様の職場に電話するという形で行われています。

キャッシングエニーの審査の在籍確認も、私たちの勤務先に電話連絡がくることになるのです。
在籍確認の電話連絡があると、同じ職場の人にお金を借りていることが知られるのではと不安に思う方もいらっしゃるかも知れません。

ですが、キャッシングエニーはむやみに審査在籍確認であることを言いませんし、会社名も伏せてくれます。
そのため、勤務先に電話がくるといっても、在籍確認によってキャッシングエニーの利用がバレることはないので、安心して下さい。

それでも電話連絡に不安を感じるという方は、より丁寧な対応をしてくれる銀行を選ぶのも一つの手です。
【人気カードローンの在籍確認方法】

カードローン名在籍確認の方法
アコム原則、会社への電話連絡
※担当者は個人名を名乗る
プロミス原則、会社への電話連絡
※担当者は個人名を名乗る
モビットweb完結申し込みなら、電話ではなく収入証明書類などの書類で在籍確認を行う
三菱東京UFJ銀行カードローン
『バンクイック』
原則、会社への電話連絡
※担当者は銀行名を名乗る
三井住友銀行カードローン原則、会社への電話連絡
担当者は銀行名か個人名を名乗る
じぶん銀行カードローン原則、会社への電話連絡
担当者は銀行名か個人名を名乗る
イオン銀行カードローン原則、会社への電話連絡
【キャッシングエニ―の在籍確認方法】
カードローン名在籍確認の方法
キャッシングエニ―原則、会社への電話連絡
※担当者は会社名・連絡内容を伏せる

表を見ると会社によって在籍確認は多くの方法があります。
特にモビットはWEB完結申込みであれば、在籍確認も書類で行いますので安心して利用可能です。

電話連絡を気にせずキャッシングをしたい方は、このような他の銀行に変更することをオススメします。

キャッシングエニーの増額

キャッシングエニーは中小消費者金融でありながら、借り入れ限度額が500万円と高額になっております。
そのため、増額していけば500万円までのキャッシングが見込めるようになるのです。

ただ、キャッシングエニーは金利が高額なため、増額すると利息負担も多くなってしまいがちです
キャッシングエニーのような中小消費者金融はどちらかといえば少額キャッシングに向いているので、使う分だけ借りるといったような使い方がいいでしょう。

キャッシングエニーのおまとめ・借り換え

キャッシングエニーの借入限度額は500万円であるため、おまとめ・借り換え先として利用することもできます。
ただ、先ほども述べた通りキャッシングエニ―の金利は一般的な銀行と比べて高めに設定されています。
おまとめ・借り換えのメリットは金利が低い銀行などで行うことで利息の負担が軽くなり、返済しやすくなるというところです。

そのためキャッシングエニ―でもできないことはないですが、より低金利の銀行でおまとめ・借り換えする方がいいでしょう。
他の銀行の金利がどの程度かわからないという方は、下記の人気カードローン金利比較表を参考にしてください。
【人気カードローン金利比較表】

カードローン名金利
アコム3.0%~18.0%
プロミス4.5%~17.8%
モビット3.0%~18.0%
三菱東京UFJ銀行カードローン
『バンクイック』
1.8%~14.6%
三井住友銀行カードローン4.0%~14.5%
【キャッシングエニ―の金利】
カードローン名金利
キャッシングエニ―5.0%~20.0%

金利を比較するとはっきりと差が出ているのがわかります。
より低金利の銀行でおまとめ・借り換えをしたいというのであれば、1.8%~14.6%と金利が低めのバンクイックをオススメします。
それ以外でも金利が高くない銀行があればそちらに変更するのもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です